携帯アイコン 0466-55-5066

不育症

不育症とは

2回以上の流産を繰り返す場合、流産の原因を検査する必要があります。

3回以上流産を繰り返す習慣流産には、主に夫婦の染色体異常・子宮形態異常・内分泌異常・凝固異常・母体の高齢年齢の5つの原因が知られています。
当院では、習慣流産の原因に応じて、ホルモン補充療法、抗凝固療法を行っています。
特に、免疫失調による習慣流産に対しては夫リンパ球免疫療法も実施できます。

不育症の治療については、院長が聖マリアンナ医科大学難病治療研究センターで基礎研究に携わってきた知見を活かして、治療に取り組んでおります。


不育症の治療

抗凝固療法

血栓のできやすい体質の方は流産しやすいことがわかっているため、妊娠成立より速やかに抗凝固薬であるヘパリン注射を行います。
ただし、注射部位の発赤やかゆみ、腫脹、硬結、血小板減少などの副作用があらわれることがあります。

薬物療法

膠原病類似疾患およびその関連因子の陽性者には、アスピリン、ステロイド、柴苓湯を使用して因子を低下させることで、妊娠の継続を図ります。

免疫療法

薬物療法のうち、女性側に極めて強い不育因子を認める場合、母児間の免疫を弱めるためにγグロブリン注射を行います。

夫リンパ球免疫療法

おもに原因不明の習慣流産患者に対して、夫婦間の免疫学的相性を考慮し、減感作的な意図で免疫学的治療法を行います。 感染症のない夫の血液中からリンパ球を抽出し、妻の皮内に注射します。治療期間は約4ヶ月で、治療効果を確認して次回の妊娠をすすめます。

<夫リンパ球免疫療法の起源>
1980年代、まだ「習慣流産」という病態が認識されていない時代に流産を予防する方法として本治療が始まりました。
もともとは、腎臓移植を受けた患者さんの免疫を抑制して腎臓を生着させるための方法を習慣流産に応用し、流産を予防したことから生まれた治療です。
多くの研究者がその効能を発表した反面、この治療法に疑問を持つ一部の研究者が否定した時期があり、今日まで翻弄され続けました。

<治療後に妊娠に成功する確率>
原因が特定できなかった習慣流産で、この治療後に妊娠に成功する確率は70%と報告されています。
ただし、この数字は本来適応では無い自己抗体陽性患者にも行われていた時期があり、そのデータも含まれている数値です。
実際の診療で本来の適応患者のみに治療を行うと、90%程度の妊娠継続を期待できると考えられています。
逆にこの治療を受けなかった場合は37%しか妊娠が続かなかったとの報告があります。

<治療の実際>
夫から血液30mlを採取し、そのリンパ球のみを選別し、妻の左右前腕に皮下注射していくものです。3週間ごとに合計4回、妊娠が成立した後に
もう1回追加します。本治療を実施できる施設は少なく、湘南地域では当クリニックのみで実施しています。
ただし、夫の血液を利用するため、夫が何らかの感染症を持っている場合は感染症のリスクがあります。

費用についてはこちら

流産してしまったら

残念ながら流産と診断されたときには、決して放置して自然に脱出するのを待たず、手術を行うことが必要です。他院で流産手術を行う前に私どもに受診頂けますと、胎児成分より赤ちゃんの遺伝子を検査することができます。
赤ちゃんから得られる情報はとても大切です。