携帯アイコン 0466-55-5066

婦人科

がん検診

子宮頚がん検診・子宮体がん検診

当クリニックでは、子宮頚がん・子宮体がんの検診を行っています。
子宮頚がん検診については、通常の産婦人科診察の中で容易にできます。
若年層が発症するケースも珍しくないため、基本的に受診者すべての方が対象です。

最近は子宮体がんが非常に増えています。子宮体がん検診については、おもに40歳以上の方や不正出血がある方、経産婦を対象としています。

子宮頚がん検診より子宮の奥の細胞を擦過しますので、多少の痛みがあります。
子宮頚がん・子宮体がんは、初期に見つかれば非常に予後の良い(治りやすい)がんですので、早期発見のためにも検診を積極的に受けられることをおすすめします。

費用についてはこちら

藤沢市の子宮がん検診について

平成27年より、藤沢市では子宮がん検診のうち子宮体がん検査が廃止されました。
また、令和3年4月より子宮頸がん検診も偶数年齢のみが対象となりました。つまり、2年に1度となったのです。


学会でも、陰性が長期間継続している場合は、子宮頸がん検診は2年に1度で良いという見解が示されました。しかし、万一検査での見落としなどがあった場合に備えて、当院では引き続き子宮頚がん検診・子宮体がん検診を毎年受けられることを推奨しています。

月経不順・無月経

月経不順(ホルモン異常)

一般に成人女性では、約28日周期で月経があります。周期はそれぞれですが、毎回の周期が一定でなかったり、2ヶ月もしくはそれ以上の間隔が空いてしまう場合には治療が必要です。

最近では排卵周期が乱れるPCO(多のう胞性卵胞)の女性が増加しており、将来的な不妊症のリスクもありますので、早期の診断と治療が必要です。

無月経

月経不順が進み無月経となってしまった場合、また初潮年齢を過ぎても月経が来ない場合など、いくつかの原因が考えられます。
無月経が長くなると女性ホルモンとともに骨量の低下、老化の進行、将来的な子宮がん、卵巣がんの発症のリスクがありますので、早めの受診と検査、治療をおすすめします。

ピル処方・月経痛・避妊相談

避妊法もしくは月経困難症、月経前緊張症などのために、低用量ピルを用いることができます。
月経不順の方では、将来的な子宮内膜がんと卵巣がんの発生危険性を低下させる効果が期待されています。
また、最近では低用量ピルの継続的な内服により、肌荒れの改善などの美容的な効果もあると言われています。
ただし、飲み始めの頃は不正出血や吐き気、頭痛などが起きることがあります。
また、喫煙者の方が使用することで血栓症などを引き起こすリスクもありますので注意が必要です。
緊急避妊ピル(アフターピル)とは、 避妊を失敗したときにただちに妊娠の可能性を減らすため 専用のピルを内服するものです。
※ピルの処方には、保険診療で処方するものと自費診療で 処方するものがあります。内容によりますので、医師とご相談下さい。

費用についてはこちら

月経日変更

旅行や行事などで、月経予定日を変更したい場合は来院のうえ医師とご相談ください。
※月経日変更用のピル処方は公的医療保険が適用されない自由診療です。

性感染症・おりもの

性感染症(性病)とは、性行為での粘膜または皮膚の接触によって感染する病気の総称です。
女性よりも男性のほうが症状が強く出やすいことが特徴で、そのため、女性ではなんらかの性感染症にかかっていても発見が遅れてしまうことも少なくありません。妊娠や出産に影響を及ぼす場合もありますので、下腹部の違和感やおりものの異常があれば早めに受診されることをおすすめします。

主な性感染症と特徴は以下のとおりです。

※横にスクロールしてご覧ください。

性器クラミジア感染症日本で最も多い性感染症です。最初のうちは無症状ですが、進行するとおりものの増加や下腹部の痛み、
不正出血などの症状があらわれます。
淋病淋菌という細菌による感染症です。おりものの色の変化や下腹部の痛みなどがあらわれますが、進行すると子宮外妊娠や子宮内膜炎などの原因になることがあります。
性器カンジダ症カンジダは真菌(カビ)の一種ですが、感染してもすぐに発症するわけではなく、抵抗力が落ちたときに発症しやすくなります。おりものが白いヨーグルト状になったり、かたまりになったりします。
梅毒梅毒トレポネーマという細菌に感染することによっておこります。
細菌が侵入した部位に小さな硬いしこりができたり、全身に広がると赤い発疹が現れますが、いったん症状がおさまるため治ったと間違いやすいことが特徴です。
トリコモナス膣炎寄生虫の一種であるトリコモナス原虫が膣内に入り込むことで発症する感染症です。
異臭の強い黄色~淡い灰色で泡沫上のおりものが増加し、外陰部の痛みやかゆみが生じます。
性器ヘルペスヘルペスウイルスによる感染症で、性器に小さな水ぶくれやただれ、おりものの異常などが生じます。
進行すると排尿障害や歩行困難になることもあります。
尖圭コンジローマHPV(ヒトパピローマウイルス)による性感染症です。膣や外陰部、支給警部に先のとがったイボができ、かゆみや違和感が生じます。
B型肝炎、C型肝炎急性と慢性があり、慢性の場合は自覚症状がないことが多く、急性の場合は倦怠感や食欲不振、吐き気、黄疸などの症状が出ます。
HIV(エイズ)性交渉によりHOVウィルスに完成する場合がございます。 初期は無症状ですが、免疫不全状況が起こると、倦怠感などがあります。

医療連携紹介

当クリニックで正確な診断を行い、他院への転院もしくは紹介が必要な患者さんには、責任を持って診療情報提供書を記載し受診していただきます。
紹介先はいずれも、とても技術的に優れた医師により、適切な治療を依頼できる病院に限定しています。私どもがとても信頼している素晴らしい先生方です。
特に、不妊の原因を取り除いていただきたい場合は、高度な技術と知見を持った医師を紹介させていただいています。

腹腔鏡手術

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
平塚市民病院
国立横浜医療センター
川崎幸病院
新百合ヶ丘総合病院

開腹手術

川崎幸病院
藤沢市民病院

悪性腫瘍

藤沢市民病院
神奈川県立がんセンター
川崎幸病院


これらの病院は公的もしくはそれに準ずる信用ある施設ですので、無用な手術が行われたり高額な費用を要したり、そのような心配はありません。